すずしんろぐ

ジャック・ゴー・ランタン

雑記を書きつつ、精神的に弱い人や、不器用な人の支えになれるようなブログを目指しています。

引きこもりでもフルマラソンは走れる。

f:id:aozora31101:20170810071020j:plain

僕が引きこもり状態から沖縄のフルマラソンを完走まで出来た時の話です。

 

10代の頃より体力が減って、少しでも良いから体力を取り戻したい。

そんな思いで、ジョギングを習慣化して、フルマラソンを完走出来るほどになったことがあります。

 

 

「疲れた」と思うことが嫌だった

「疲れた イラスト」の画像検索結果

 最初の頃は、本当に日々の体力が欲しかっただけで、ダラダラ走っていただけなんですが、知らないうちに走ることが楽しくなり、ついにはフルマラソンに出場する事を決めました。

 

当時の僕(10年ほど前)は、アルバイトはしていましたがほぼ引きこもり状態でした。

 

休日はドアノブに触らずに一日を終えることも多く、家に引きこもって本を読んだりゲームをしたりと自堕落で楽しい日々を送っていました。

 

しかし、「疲れた」という感情がすごいうっとおしかったんですね。

 

疲れると遊ぶ元気も無くなり、元気がなくなると楽しいことを経験する回数が減ってしまう

 

なら体力をつけよう!

 

そう思い、ジョギングを始めることにしました。

 

最初は走れなくて歩いていただけ 

f:id:aozora31101:20170810073428j:plain

ほぼ運動習慣なんて無かったですから、最初の頃は50メートルも走れなかったです。

でもとりあえず10分ジョギングから始めて、疲れたら歩き、回復すれば走るの繰り返しで徐々に距離を伸ばしていきました。

 

そうすると、日に日に走れる距離が伸びていき、ついには1時間ジョギングを習慣化することが出来ました。

 

もうその頃は「疲れた」という感情が無くなり、前以上に色々な事が長時間出来るほどの体力や集中力が身についていました。

 

その頃、同じように走っていた兄に「沖縄でフルマラソン出場しようと思うんだが行かないか?」と持ちかけられました。

 

沖縄!青い海!クリアな空!さとうきび畑

 

僕は前々から行きたかった沖縄に行けるきっかけにもなると思い、兄の誘いを受けて、沖縄のフルマラソンに出場することにしました。

 

沖縄のフルマラソン出場! 

その頃は、靴だけはジョギングシューズでしたが、服装は「ジャージみたいなんでいいんじゃね?」みたいな考えで走っていましたので、ヤンキーが着ているようなこんな服装でフルマラソン出場。

 

沖縄のフルマラソンに出た感想は、最高でしたね。

 

 何が最高だったか?

 

  1. 風景がキレイで走ってるだけで観光気分
  2. 応援の質、地元住民のサポートがすごい
  3. 色々な人が走っていて見てるだけで楽しめる

この3つでしたね。

①風景がキレイで走ってるだけで観光気分については、沖縄ということもあり、本当に走って眺めてるだけで観光してるような気分になれるんですね。

 

f:id:aozora31101:20170812063627j:plain

きれいな空や、

真っ青な海

 

たまに出てくる風力発電所

広々とした風景。

 

街中では感じることの少ない壮大な自然を見ながら走れるのも魅力でした。

 

②応援の質、地元住民のサポートがすごい

f:id:aozora31101:20170812063724j:plain

なぜ僕がフルマラソン完走出来たかと言うと、この「応援してくれる地元住民」の方々のおかげなんですね。

あの人達が居なかったら間違いなく完走出来てませんでした。

 

水やスポーツドリンク、食べやすくカットされたバナナやイチゴや、地元名産の黒砂糖なども点々と走る度に用意されていて万全のサポートもされています。

 

それに応援団なども地元での楽器などを使って応援してくれたり、

ダースベーダーと手下2人が沿道に棒立ちでランナーを眺めるだけというシュールな光景で笑わせてくれたりと、本当に全方向からの応援で力をくれます。

f:id:aozora31101:20170812063823j:plain

 

その中でも個人的に一番元気をもらったのは、コースの中で心臓破りの強烈な坂があったんですけど、そこを乗り越えた時に90歳ぐらいのおばあちゃんが車椅子に乗りながら「がんばれー!」と応援してくれてたんですよね。

 

ヨボヨボのおばあちゃんが大声で応援してくれてる訳です。

これは頑張らないわけにはいきません。

もうそこからは文字通り元気をもらって完走まで力尽きること無く走れることが出来ました。

 

③色々な人が走っていて見てるだけで楽しめる

f:id:aozora31101:20170812063748j:plain

結構、規模の大きなフルマラソンなので僕のような初級ランナーからベテランランナーまで幅広く出場していました。

フルマラソンを走り慣れているベテランはタイムの更新をする事に飽き足らないのか分厚い着ぐるみを着たりして走るコスプレランナーもいる。

しかもタイムが遅いのかと思えばそうでもなく、結構速く走ったりするから戦慄を隠せません。 

matome.naver.jp

 

元・引きこもりがフルマラソン初出場で完走出来たのは、正直に言って、沖縄の人たちの熱烈な応援のお陰でした。いや本当に。

 

水分、栄養素から怪我の治療、精神的なサポートまで全部支えられて、メインは走っている僕らなのですが、走っている側からするとまるで応援してくれてる人たちがメインに感じましたね。

 

本当に感謝してます。

 

元・引きこもりでも徐々に訓練して1年でフルマラソン走れましたので、

興味のある人達は一度チャレンジしてみても(特に沖縄フルマラソン)良いと思います!

 

ではでは。

広告を非表示にする