すずしんろぐ

ジャック・ゴー・ランタン

雑記を書きつつ、精神的に弱い人や、不器用な人の支えになれるようなブログを目指しています。

トリックアート展に行ったらハンバーグ屋が病院に見えて免許を取ることになった話。

f:id:aozora31101:20170913104538j:plain

 

どうも青竹(@aozora31101)です。

 

「トリックアート展に行ったらハンバーグ屋が病院に見えて免許を取ることになった話。」

 

こんなタイトルを見て、

きっとあなたは意味不明で

混乱の極みにあることでしょう。

 

でもこのタイトルはそのままの意味です。

 

僕の過去話で、彼女(現嫁)とのデートでやってしまった失敗談です。

 

よろしければお読みください。

 

 彼女とトリックアート展へデート

僕はあまり人生でモテることがなかったので、

見るに見かねた友達が合コンを開いてくれて、

その中で仲良くなった彼女と付き合うことになりました。

 

コミュ障でデートプランの1つも考えられない中、不器用ながらデートを何回かしていく内に

少しずつ仲良くなっていたある日のことです。

 

神戸で「だまし絵2」といういわゆるトリックアート展が開かれていたので、

美術館巡りに行くのも悪くないだろうと思い、彼女とのデートをそこに選びました。

 

公式サイトによるとキャッチコピーは

「何度でもだまされたい。」

だそうです。

 

 うん、いいキャッチコピーですね。

f:id:aozora31101:20170913065324p:plain

 

行ったのは3年前の、真冬の日でした。

 

トリックアート展というものには行ったことがなかったのですが、会場の作品は本当に面白く

僕と彼女はデートを楽しんで過ごすことが出来ました。

 

 デートのディナーって何食べるんだ?

展覧会で楽しい美術館巡りも終わり、

時刻は夜も近くなりました。

 

どこかで晩御飯を食べようということになりましたが、

細かいデートプランを考えるという能力もなかった僕は、答えに困りました。

 

「待てよ、そういえば昔、家族とこの近くに来た時にハンバーグ屋(びっくりドンキー)があったぞ!そこにしよう!」

 

と、27歳のチョイスとは思えないほどのディナーの選択肢で、その場所を目指すことにしました。

 

 免許なんていらねーwと思ってたアホな自分

続きの話をする前に、ちょっと大事な話を。

 

実は僕はこの27歳時点では免許を持っていませんでした(原付すらもです)

 

理由はこれまた馬鹿な考えで、

「都会に暮らしてるんだから交通の便発達してるんやから、いらんやろww

俺に彼女とか出来ないしwwいらんww」でした。

 

友人や家族達が「免許取ってた方がいいって!絶対いるから!」と何度も説得を試みても僕は「いらねww金もったいないww」の一言で拒否し続けていました。

 

なので誰かの車で出かけるときはもっぱら助手席か後部座席でした。

 

休日はインドア派で移動するにしても電車しかなかった僕は、自分の住んでいる地域の主要な道路の道なども全く覚えることも無かったです。

 

友達が「イナイチ(国道171号線の通称)から北に向かって…」

運転手の友達に伝えてる時も僕は後部座席で

 

f:id:aozora31101:20170911223411j:plain

こんな状態でしたね。

 

ぶん殴りたくなりますね。

 

まぁ、こんな感じで自分の中のGoogle Mapがアップデートされることもなく、

自分の家の周り以外はほとんど、主要な施設名の場所や、よく使う道路などが分からないまま美術館デートの日まで過ごしました。

 

本日、一番のトリックアート。

さて、話を戻しまして、美術館からショッピングモールの中にあるびっくりドンキーまでは海沿いの道を10分ほど歩かなければいけません。

 

12月の寒風吹きすさぶ海沿いを冷え性の彼女を引き連れていたので、彼女は

「寒い…まだかな?」

「もうちょっと…もうちょっと行けばあるから…!」と説得しつつ、寒い中びっくりドンキーまで向かいました。

 

すると徐々にびっくりドンキーのある

ショッピングモールが見えてきました(※画像は昼ですが、当時は夜でした。)

 

 

「ほら!見えてきた!あのショッピングモールの中にびっくりドンキーが……ん?」

 

 

 

 

 

 

f:id:aozora31101:20170913071437j:plain

 

 

 「あれ・・・?」

 

 

 

f:id:aozora31101:20170913071441j:plain

 

 

 

 

 

 

f:id:aozora31101:20170913071444j:plain

 

 

 

 

f:id:aozora31101:20170913071449j:plain

 

 

 

 「エネル 驚く」の画像検索結果

 

 

 

「病院やん!!!!」

 

 

 

なんと僕の記憶の中でショッピングモールのあった場所が病院になっていたのです。

 

好きな彼女とのデートで、ディナーに連れて行くつもりが病院に連れて行った僕の心境が分かりますか?

 

内心大パニックのお祭り状態です。

 

「なんやこれ!?なんでびっくりドンキーが無いん!?これもトリックアート!?

びっくりドンキーが病院に見えるっていうトリックアート!?斬新!!何度でもだまされたい!

 

病院の周りを歩き回り探してみても、

海と闇の中ライトアップされる赤十字しか見当たらなく飲食店なんて1つもありません。

 

急いで地図アプリを開き、現在地を確認してもそれらしき場所はありません。

 

記憶にある場所を検索ワードで入力すると7キロも先にある場所で

完全に場所を勘違いしてました。

 

この事実が判明した瞬間、

目の前にある病院の救急外来にマッハで駆けつけ、脳の検査をしてもらいたい欲求が駆られると同時に、過去の自分に対する怒りが抑えきれませんでした。

 

f:id:aozora31101:20170913084343j:plain

 

あの頃僕がホジくっていたのは鼻くそだったのか、

それとも記憶力の塊だったのか定かではありません。

 

 

怒りを抑えきれない僕は

時をかける少女ばりにタイムリープした瞬間に

過去の自分に膝蹴りを食らわせるべきなのか。

「時をかける少女」の画像検索結果

はたまたバック・トゥ・ザ・フューチャーデロリアンで轢いてもらうべきなのか

 

「デロリアン バック・トゥ・ザ・フューチャー」の画像検索結果

 

前前前世に戻って、伊能忠敬に地図の大切さを教えてもらうべく、師事するべきなのか。

「伊能忠敬」の画像検索結果

 もう何が何だか分かりませんが大混乱になりました。

 

そうは言っても、呆然としてる彼女を放置するわけにはいきません。

 

自分が場所を完全に勘違いしていたことを全力で謝り、再び12月の寒風が吹きすさぶ中、海沿いの道を冷え性の彼女と共に引き返しました。

 

何とか駅前までにガタガタ震えながら戻り、最終的に駅前にあったポムの樹

オムライスを食べました。

 

この時の冷え性の彼女を寒風吹きすさぶ海沿いの道を引き連れ回すという

トラウマから、車があれば解決したのに…と思って、

社会人をやりながら土日に教習所に通い、28歳の頃に免許を取りました。

 

今では、出かける時などは車のありがたみも十分に分かり、冬の日も家族で

車で出かけれるようになりました。

 

ちなみに当時のことを嫁(彼女)に「あの時どう思ったん?」と聞いたら、

「この人大丈夫なんかな。」と思ったそうです。

 

ですよね。

 

おわりに

もしこれを見ている方で18歳~20代前半の方で

免許持ってない人が居たら悪いことは言いません。

 

免許取れ!AT限定でもいいから!

車持ってなかったらタイムズのカーシェアとかで安く借りれるから!

shiritai1101.hatenablog.com

 

じゃないと僕みたいにとんでもない黒歴史重ねますよ!

 

青竹(@aozora31101)でした。

 

ではでは。

広告を非表示にする