すずしんろぐ

ジャック・ゴー・ランタン

雑記を書きつつ、精神的に弱い人や、不器用な人の支えになれるようなブログを目指しています。

既読スルーが許された時代が昔あったんだよ

f:id:aozora31101:20180419195642j:image

青竹です@aozora31101

 

今この文章をスマホで見ていますか?

スマホって便利ですよね。

 

ネットはだんだんスピードは上がるし、

容量もどんどん大きくなり、

色んなコンテンツが気軽に見れるようになりました。

 

でも僕はネットが便利になればなるほど、

何か失ってるような気がするんです。

 

今日はネットを見てばかりだと自分の時間を失うっていう話です。

 

 

 

電車の中はスマホだらけ

f:id:aozora31101:20180419200003j:image

通勤や通学の時には、もうすっかりおなじみの光景になりましたけど、電車の車内にいる人大半がスマホを見ている光景。

 

iPhoneなどのスマートフォンが流行るようになってから、こんな光景が生まれてきてました。

 

改めて見ると異様な光景ですよね。

 

LINEにTwitter、アプリや動画や読書、音楽まで今やスマホで何でも出来ます。

 

何でも出来るからこそ怖いと思うんですよね。

 

先日僕はうっかり携帯忘れたんですけど、

どれだけスマホに依存してるかよく分かりました。

 

「あっ!携帯忘れた!」

→「嫁に「携帯忘れた」って連絡しないと…。いや、違う!その携帯を忘れたんじゃないか。」

 

→「仕方ない…音楽でも聞くか…」

→「いや、携帯ないから音楽聴けないやん!」

 

もうね、通勤時間があんなに

長く感じたのは初めてでしたよ。

 

 

幸い帰るときに本がある事に気付いたので、ゆったりと読書して帰ることはできましたが。

 

 

でも久し振りに携帯を持たない1日になり、

連絡を返せないし、他にやることもないのでたっぷりと1人の時間満喫できました。

 

 

ネットに繋がってないと、

1人の時間をたっぷり過ごせるんですよね。

 

 

平成キッズ達が知らない「既読スルー」が許された時代。

f:id:aozora31101:20180419200047p:image

 

僕が携帯電話を持ち出したのは高校3年生の頃で、それまで携帯無しで過ごしていました。

 

「不便じゃなかった?」って思われるかもですけど、

全然普通でしたね。

 

友達と遊びの約束も学校ですれば事足りるし、

誰かと連絡取り合うこともないので、読書や音楽など、1人の時間をたっぷり楽しんでました

 

今の世の中、1人の時間を過ごしてる人ってかなり少なくなってしまったと思います。

 

LINEから連絡が来て返信しないといけないプレッシャーがあったり、

Twitterのタイムラインが気になったり、

日々色んな情報を処理しないと過ごせない日々。

 

僕はLINEの「既読」っていう表示が元凶だな。と感じています。

 

あの「既読」があるから人は早く返信しないと…となり、送った方もまだ返信ないのかな…と待つ始末。

 

昔はメールしかなかったし、既読機能なんてもちろん無かったので、メールが来ても人はじっくりと文章見てから自分のペースで返信することができてました。

 

それが今や早めに返信しないと変なプレッシャーが生まれる変な時代。

 

スピードばかりが優先されて、自分の時間っていう大事なものが置き去りになってます。

 

ネットから少し離れれば自分の時間が得られる

 

携帯やPCに触れていると、毎日日々生み出される無限のコンテンツに触れることができるので、終わりなく使えます。

 

でもそのせいで自分の時間無くしてませんか?

 

LINEの返信に追われたり、タイムラインを追ったりしてばかりだと、自分の人生を振り返ったり、向上させる時間は無くなります。

 

人の面白い話や、タイムラインで流れる有益な情報を見て楽しむのも良いと思います。

 

でも人が語る大きなことより、自分の頭で考えた小さな事の方が価値はあると僕は信じてます。

 

それに人の話を聞いてばかりだと、

じっくりと熟考することも出来ないです。

 

今日、会社の休憩時間に公園で休んでいたんですけど、

子連れで来ている父親が遊んでる娘そっちのけで仕事の電話ばかりしてる姿を見たので、この記事を書きました。

 

青竹でした

´ω`)ノではでは